【桃山窯】中皿

    ティータイムのお供に、暮らし彩る千点紋



    カットのケーキを乗せるのにちょうどいい大きさ。
    皿の裏までしっかり塗られた釉薬に木村さんのこだわりが見え隠れします。

    陶芸作家、木村好博さんがつくる器たち。
    飛び鉋(かんな)と呼ばれる技法を使ってできあがる「千点紋」が特徴です。
    古来より使われてきた由緒ある紋様が、造形と釉薬の組み合わせにより、親しみある器となっています。



    こだわりの中にさりげない遊び心が感じられる意匠は、
    40年以上の経験を重ねた木村さんがつくるものだからこそ。
    あなたの暮らしの彩りに、ぜひ桃山窯の器を加えてみてはいかがでしょうか。

    • 木村好博

      1950年 京都府生まれ。1971年に木村盛和氏へ師事。1976年の独立と同時に、福井県越前町の越前陶芸村に築窯し移住。以降、大阪・京都・東京など各地で個展を開催。70歳を超えた現在も日々作陶に勤しむ。

    インフォメーション

    • サイズ

      Φ155mm×H23mm

    • 使用上の注意

      一点一点手作りのため、模様のつき方や造形に若干の違いがあります。あらかじめご了承ください。

    【桃山窯】中皿

    1,320円(税込)

    数量を選ぶ

最近チェックした商品

該当する商品がありません